忍者ブログ
2017.06│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

露地裏骨董。 気になる商品がございましたら、「商品の問い合わせ」欄からご連絡ください。詳細説明、追加写真などをお送りします。                                                  国分寺市本町2-25-15     ℡ 090-1400-7141   12:00〜20:00(日曜13:00〜19:00)

2017年06月29日 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年04月10日 (Fri)
友達が始めた店の、仕入れと店番を手伝いはじめたのが、95年。三年後に経営をひきつぎ、ずっと「旧名百町森」のままやってきました。それから8年くらいたって、思い立ったのです、屋号を変えよう、と。もう8年守ったから、そろそろいいよね。これ何て読むのって聞かれるのに疲れてたし、「プーさんの童話が好きなのね」と思われることにもうしろめたい思いがあったのでした。プーさんはすきだけど、ピーターラビットも同じくらい好きだったし、自分は何よりも宮沢賢治が一等好きだったからです。考えてみると、店を二つも経営してきて、一度も自分で屋号をつけたことがなかったんでした。札幌で8年くらいやった「ジャズ喫茶アイラー」も前経営者のをひきつぎ、フリージャズをかけるというコンセプトもひきついでしまった。主体性なかったんでした。で、新屋号は、とっさの思いつきで「上海リル」。それから5年たって、やっとなれてきたです。当時のスタッフ、ひろみちゃんは電話で「はい、シャンハイリルです」というのに苦労していた。これはこれで「中国
のものあるの?」(ありません)ときかれたり、領収書宛名が「上海ビル」だったりして、やっぱり、めんどくさいのでした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
上海リルはGOODですよ! !
そうですか、まあ色々あった上での新しい屋号だったのですね。それにしてもこの屋号はなかなかのものですよ! 第一、一度聞けば忘れませんからね。特に我々の年代?いや、実を言うと正確にはもう少し上の人々には、きっと懐かしく耳に響く事と思いますよ。それにしても札幌時代は屋号アイラーでフリー専門店でしたか、そう言えば60年代後半からでしたかネ、コルトレーンのモード以降アバンギャルドなフリースタイルが一時流行りました。懐かしきその名アルバートアイラーですよね!当時レコードも良く買いましたが、私にとっては難解そのものでしたネ。ジャズはやはりファンキーでないと、そう50年代に限りますよ!どうですか? ルリコさん?
ツチノコ 2009/06/03(Wed)16:45:19 編集
ツチノコ様
いろんな音楽を店でかけていますが、開店したての時間は、やっぱりジャズからかけてしまいますね。古巣の音、というか。エヴァンスとか、古いマイルスとか。気持にエンジンかかってきたら、なんでもござれになるんですけど、疲れ気味だと、ピアノトリオを続けたり、スィングジャズになったり、どんどん古くなっていきます。「このままお酒飲んで寝たい」的な。
リルコ 2009/06/05(Fri)09:49:55 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.10No.9No.8No.7No.6No.5No.4No.3No.2No.1
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/13 リルコ]
[06/12 徘徊中年]
[04/25 リルコ]
[04/22 くたくたにゃん]
[04/11 リルコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R