忍者ブログ
2017.04│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

露地裏骨董。 気になる商品がございましたら、「商品の問い合わせ」欄からご連絡ください。詳細説明、追加写真などをお送りします。                                                  国分寺市本町2-25-15     ℡ 090-1400-7141   12:00〜20:00(日曜13:00〜19:00)

2017年04月25日 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年04月27日 (Mon)
さて、どれが本物で、どれがレプリカでしょう?答えは、左がレプリカ、右が明治の古手、真ん中が古手傷物です。並べても、難しい。レプリカといえども1万円くらいします。
コンプラ瓶は、江戸時代の交易で醤油や酒を輸出するためのもの、ということになっていましたが、近年の説では、こんなサイズで輸出したわけがない、これは貧乏とっくりとおなじ、小分け用とかお土産用とかである、江戸じゃなくて古くても明治以降のものである、というもの。
私もそう思う。その説のせいかはわからないけど、高いときで十万円台はしてた相場は、三分の一くらいに冷えました。「レプリカは落ち着かない。気持ち悪い」と思ってる私ですが、江戸のコンプラ瓶が自分の中で消えたせいか、これはそれほど不快感なく一輪挿しなどに実用している。





sold out
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コンプラ瓶、写真の件
こんにちは、先日コンプラ瓶のブログを拝見して電話しましたが、今回初めての投稿(ツチノコ)させて頂きます。 さて、記事にありましたように、確かにコンプラ瓶の明治説云々と言うのは、以前も耳にした事があります。同じ物でもサイズが異様に小さい、もっと小型の物も存在しますし、デザインは違いますがやはり英文字入りのコンプラ瓶が、大正期ごろまで作られていた様ですね。 あと写真の件ですが、リルコさんのご都合の良い時にでもお願いできれば幸いです。 それでは又!
ツチノコ 2009/06/03(Wed)13:25:09 編集
ツチノコ様
遅くなりました。昨日送りました。確かに江戸から作られていたけど、その後も長く作られたので、時代はわからない、というのが、正しい言い方かな、と思います。美しいかどうか、が購入の決め手かも。
リルコ 2009/06/05(Fri)00:45:18 編集
←No.14No.13No.12No.11No.10No.9No.8No.7No.6No.5No.4
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[06/13 リルコ]
[06/12 徘徊中年]
[04/25 リルコ]
[04/22 くたくたにゃん]
[04/11 リルコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R