忍者ブログ
2017.11│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

露地裏骨董。 気になる商品がございましたら、「商品の問い合わせ」欄からご連絡ください。詳細説明、追加写真などをお送りします。                                                  国分寺市本町2-25-15     ℡ 090-1400-7141   12:00〜20:00(日曜13:00〜19:00)

2017年11月23日 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011年07月04日 (Mon)
ニコニコ通信(本編)
                                  BY 長嶋
この頃 いろんな知人に お金 くれませんか?とわりに丁重にたのんでみるが 以外と
くれない。
なぜだろう?

死んだ友人の小村くんがよく「しかし、金ってけっこう落ちてないもんだなあ」と腕組みしてしみじみ言っていたのを思い出す。
PR
2011年06月24日 (Fri)

          BY  長嶋

かつて大江健三郎が安保騒動の時に「自分は小説家としてなにができるか」と小説家の特権にとどまることを宣言した。 3,11以後芸能人やアスリートたちは芸能人としてアスリートとしてなにができるかかんがえてがんばりだした。
はたして一般のわたしたちのどこからが芸能人でアスリートなのか人間にそんな境目はあるのか、この分断の常識に絶望してもいいきがする。
2011年04月23日 (Sat)
  20キロ圏内の牛  ニコニコ通信の 理屈っぽい
                                BY 長嶋
理屈じゃないよ感情だよ!もあるが理屈じゃないと感情が解ってもらえないこともある。
例えば10センチでも水没死してしまう場合、100メートルも10センチも死んでしまうならおんなじだ。 なら、10センチだからって助けないわけにいかない。 死に関しては理屈が難しくなる。 100人中1人しか助けられない場合、 「平等に」 全員死んでもらおう、とはならない。 火事の延焼を防ぐために隣接する家屋を犠牲にして取り壊す、ということがあった。 口蹄疫が流行ったとき近くの牛を薬殺した。 一刻を争う時の判断の是非を問うのは難しい。
さて、原発20キロ圏内が立ち入り禁止となった。 牛の餌やりに通っていた酪農家も泣く泣く諦めたと言う。 しかしまだ牛は生きていて国が金と労力をかければ生命は助かる可能性がある、その時間的ゆとりがまだまだ充分ある。 どうせもう数兆円税金使うわけだし。 賠償する、と言うのは酪農家に対する「資産として」牛の価格だ。 もはや肉にも乳牛にも使えないただの牛(本来の牛)をどこかの草地に放し飼いにして彼らの一生を過ごさせるゆとりがこの国にはないのだろうか? ただ可哀想な実態だと、まるでそれが人間が使用してきた瓦礫のごとくに映像に伝えるばかりのメディア。 生き物として保護しょう!と訴えるマスメディアは存在しないのか? 10頭の命でも救うより全員飢え死にさせることがまっとうなのか? 相当厳格な基準で人々の健康を守り、一方牛はゆっくり死んでもらう、何か理屈に合わなくないか? 救うことが間に合う生命を、なぜ悲しむことでスルーするのか? ここでは理屈が間違った感情に転化していないか?
2011年04月12日 (Tue)
ニコニコ通信    ぼやく

                                長嶋

ペットに癒されたいとあんまり思ったことないし、動物愛護団体に積極的に興味示したこともない。
ですが。
原発待避エリア内に入ったマスコミレポートに違和感。
「首輪を付けた犬たちがいます、腹を空かせているようです、尻尾を振って近づいて来ます、…」ってコメントしなくていいから餌やれよ。そのぐらい予想してドッグフード積んでけ。
新たに非難勧告出たエリアの牛。 「酪農家の保証はどうなるのでしょう!」 そりゃ当然のコメント、もひとつ声に出して付け加えてあえて声高に (こんなときこそ声高に) 「牛は餓死させることになります!」 とはっきり言いなさい、金と手間かけて救う気やせめて訴える気もないんだったら。
火事なら多少火傷の危険侵しても動物助けにいく勇気あるひともいるだろう、ヘリコプターまで動員して一匹の犬を救出することに感動し記事にもなる、一方で人間の都合で作った放射能物質の害にはあっさり死んでもらおう、と言うわけだ、後ろめたいからはっきり言うのやめて。 金で保証して「新しい牛」で代替えしてすまそうと。
能無しやぶれる政府は取り替えきくが、置き去りにされる牛や犬の個体 (癒しやグルメで政治家よりずっと世話になってるが) の価値は話題になるヒーローの動物たちとどこが違うのだろう、せめて報道の力点、感受性にバカばかりだなーと思わせないで欲しいなー、私もかなり日頃バカだし、「お前が助けりゃいいだろ」ってことだが。
2011年04月04日 (Mon)
ニコニコ通信別刊

                             BY 長嶋
買い占めの次は買い控え、全く「日本は一つだ」等のキャンペーンが虚しい。
政府の発信がわかりずらい、等の中傷してるより、風評の責任は買わない人の意識を変えなきゃ。
原発の情報は正しくだせと言いつつ、出した内容がどうなのかどうすべきか、の説明は普通にはわかりずらい、それはもはや政府の広報の問題ではなく、原発そのものがもつ「面倒くささ」だ。
Prev1 2 3 4 5  →Next
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/13 リルコ]
[06/12 徘徊中年]
[04/25 リルコ]
[04/22 くたくたにゃん]
[04/11 リルコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R