忍者ブログ
2017.11│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

露地裏骨董。 気になる商品がございましたら、「商品の問い合わせ」欄からご連絡ください。詳細説明、追加写真などをお送りします。                                                  国分寺市本町2-25-15     ℡ 090-1400-7141   12:00〜20:00(日曜13:00〜19:00)

2017年11月23日 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011年08月09日 (Tue)

催事用のモノを整理していたら、これが出てきた。

昔、母とひばりが丘という駅に行った。
義父 (母の連れ合い) がそこにある学校に勤めていたので、その学園祭に招かれたのだ。
そこにあった (今でもご健在だと存じます) 骨董屋にいきたかったので、骨董にはまるで趣味のない母を誘って寄った。

そのとき私が買ったのが写真上の捩り紋印判鉢。
つられたのか、母が、「私、これ。」 と選んだのが、写真下の幕末〜明治伊万里染付鉢でした。
引き綱の風景。
大きさが違うように写っているけど、二つとも内径19㎝で同じ。
(母は知識も興味もなかったけれど、くやしいかな私よりずっと財力はあったのだ。)
その後使っているのを見たことがなく、そのうち私があずかってそのまましまい込んでいた。

義父は六年前に亡くなり、母も四年前から車椅子である。
モノの命に比べると、一人の人間の暮らしなんて、ほんの一瞬だなあ、と思う。

モノは流通させるのが自分の役目なんだから、いいかげん売りに出さなくては…。
思うに、新聞紙に包んで、箱にいれちゃう、という行為がいけないんだね。
目につくところにあれば、こいつを何とかしてあげなくちゃ、といつも思わざるをえないと思う。

現金に困っているというコレクター氏の方々に、「じゃコレクション売ればー?」 と言っても、「いやだ!」 とみんなおっしゃる。
「生前整理」 をする気はまるでないらしい。
(私はやる気まんまんなんだけど。)


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
おんなじ鉢!
リルさん、こんにちは。

この捩り文の鉢、今年私も仕入れまして、
使ってみたらとてもいい感じだったので、
私物化してしまいましたよ。 ^^
ロータス・ブルー URL 2011/08/15(Mon)14:48:08 編集
わ、なんかうれしい。
青蓮亭さんとおんなじ鉢なんて、光栄です!
実は私も(三十年くらい?) いっぱい使ったりあまり使わなかったりしながらも、ずっと持ち続けていました。
今年はソーメンと氷水を入れてよく使っています。
印判はモダンで、デザイン的で、手描きにはない良さがありますよね。


リルコ 2011/08/15(Mon)17:05:08 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.306No.305No.304No.303No.302No.301No.300No.298No.297No.296No.295
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/13 リルコ]
[06/12 徘徊中年]
[04/25 リルコ]
[04/22 くたくたにゃん]
[04/11 リルコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R