忍者ブログ
2017.08│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

露地裏骨董。 気になる商品がございましたら、「商品の問い合わせ」欄からご連絡ください。詳細説明、追加写真などをお送りします。                                                  国分寺市本町2-25-15     ℡ 090-1400-7141   12:00〜20:00(日曜13:00〜19:00)

2017年08月20日 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年05月05日 (Tue)
この業界では、骨董商のことを、単に「業者」と呼ぶ。「この人、業者。」とか、「業者ですか。」とか。まるで世の中この業種しかないみたいな言い方で、ちょっとタカピーだよね。(ちなみに、解体現場とか買い取り現場のことを、単に「現場」という。)
で、この人、業者になるしかないでしょ、と思ったのが、ルオーだった。
彼は、国際文化という学校で美容師の卵だったときからの、お客さんだ。卒業して、美容師になり、やめて今は絵を描きながらフリーターをしている。
という人は、今までにもたくさんいたような気がするが、ルオーが持ってきた作品ファイルを見て、ああ、この人は描くしかないでしょ、と思ったのだった。なんというか、ひさびさにファインアートを見た、と思ったのだ。技術はまだまだで、作品の出来不出来もばらばらなんだけど、ルオーには描く動機がある、と思った。
フリーターなんだけど、あまり働かないので、彼はビンボーである。ビンボーなので生活必需品がないくせに、店で「趣味のクスリビン」とか買っていく。ちょっと心配になって、「業者になって、絵も描く生活をしたらどうか」と、提案したのだった。ルオー乗り気。 でも、一人前の業者になるまで、目の前の暮らしと戦わなくては。さて…。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.18No.17No.16No.15No.14No.13No.12No.11No.10No.9No.8
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/13 リルコ]
[06/12 徘徊中年]
[04/25 リルコ]
[04/22 くたくたにゃん]
[04/11 リルコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R