忍者ブログ
2017.11│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

露地裏骨董。 気になる商品がございましたら、「商品の問い合わせ」欄からご連絡ください。詳細説明、追加写真などをお送りします。                                                  国分寺市本町2-25-15     ℡ 090-1400-7141   12:00〜20:00(日曜13:00〜19:00)

2017年11月23日 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年06月30日 (Tue)
十年くらいまえのバイトだった、妻木良三くんが、和歌山から突然店にきてくれた。
キューピーのコレクターで、実家の寺の跡を継ぐお坊さんで、くわえて現代美術のホープです。
ちっとも変わっていなかった。
先日はやはり昔のバイト、鈴木一平くんが浜松から突然きてくれて、長くやってるとこういうのが一番うれしい。
一平くんは、ちょっと変わって、大人っぽくなった。思索的な、大人の男、という感じだな。

昨日初めて来店された、おじいちゃま。
78才。本多五丁目在住。山形県出身。写真と合唱が趣味。奥様はやきもちやき。昨日まで江戸東京たてもの館で写真を展示してた。
で、お決まりの「上海帰りのリル」と、ロシア民謡「黒い瞳」と、「バイカル湖のほとり」を、ロシア語で歌いだし、私が題を言い当てると、喜んでいらした。
その間、五分。
五分でこれだけの情報を残して立ち去られたおじいちゃまでした。
店に来る若い方たちは、一時間くらいいても、なんの情報も残さないよ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
みーつけた
高幡不動では久々に会えてうれしかったです。今度は、もっと天気のいい日に行きます。調布あたりに。

このブログ、お店のカウンターで売り上げノートの片隅に書いてある日々のいろいろを読んでいる気分になり、なかなかおもしろいです。ちょくちょくみますね。

それと、
「おじいちゃまが、歌う」を読んで思い出したエピソードをひとつ。
リルで知ったマレーネ・デートリッヒの曲を職場の鞄屋でかけていたら、むかし舞台美術をしていたという、おじいちゃまに「あなた、若いのにこういうのきくの?」と聞かれ、いろいろお話しして、舞台「モンテンルパの夜は更けて」のチケットを頂きました。他にもいろいろお話して・・・。人生の先輩の話を聞くのはとてもおもしろいですね。
ぽぽ 2009/06/30(Tue)19:26:37 編集
会えてうれしかったよ。
よりによって、どしゃぶりの雨の日に一歳児連れてくるなんて、びっくりしたよ!お子さんめちゃかわいくて、旦那様もとても優しそうで、ぼぼちゃんもきれいになって、ああ、よかったなあ、としみじみ思いました。店ではあいかわらず、ノンジャンルでCDかけています。ちあきなおみ「港が見える丘」を、大家さんのおじいちゃんが、裏口で立って聴いてたこともあったっけ。     天気のよい日に、また骨董市に遊びにきてね。布田天神がのんびりして気持ちいいよ。 
リルコ 2009/07/01(Wed)00:31:50 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.32No.31No.30No.29No.28No.27No.26No.25No.24No.23No.22
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/13 リルコ]
[06/12 徘徊中年]
[04/25 リルコ]
[04/22 くたくたにゃん]
[04/11 リルコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R