忍者ブログ
2017.08│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

露地裏骨董。 気になる商品がございましたら、「商品の問い合わせ」欄からご連絡ください。詳細説明、追加写真などをお送りします。                                                  国分寺市本町2-25-15     ℡ 090-1400-7141   12:00〜20:00(日曜13:00〜19:00)

2017年08月23日 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年07月13日 (Mon)
ルオーと最初に話をしたとき、なんか昔の自分と似てる気がしたので、長谷川利行の画集を貸した。
案の定、気に入ってくれた。
ジャズは聴いたことないらしかったけど、バド・パウエル(私の背後霊のような人です)を勧めたら、やはり大変気に入って、「他にもクライのないですか?」と言ったので、やっぱり似てる、と思った。
むかしむかし私が高校生のとき、長谷川利行と並んで木田金次郎という画家の絵が大好きだった。
ある日の朝、いつものようにバス通学してる途中、急に木田金次郎のいた町に行きたくなり、バスを長距離バスに乗り換えて三時間ほどの、岩内という小さな漁港町に行ってしまった。
警察に行って家をきいて、いきなり、ごめんください、絵をみせてください、と家まで行ってしまった。
木田はもう故人で、ご家族しかいないことはしってたけど、私も有島武郎「生まれいづる悩み」の主人公(木田がモデルです)のように、絵を描く、ということに主観的にはせっぱつまっていた頃だったのだ。
のちにご家族から学校にばれ、怒られはしなかったけど知らない先生にも顔を見にこられたり。

なぜ今そんなことを思い出したのかといえば、ルオーが最近同じような「アポなし突撃訪問」をやらかしたからです。
お相手は、某人気写真家。ルオーは、自分の絵と、うちの店で買った古いゆがんだクスリビンを渡したらしい。
どっちも気に入ってもらえたらしく、それぞれ写真にとり、展示されたそうだ。
その写真家は私も大好きなので、そうか、クスリビンが行ったのか、と思うと、たいへんうれしいのだけれど。
っていうか、思い詰めた若者ってのは、なんだってするなー、とあらためて思ったのでした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.37No.36No.35No.34No.33No.32No.31No.30No.29No.28No.27
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/13 リルコ]
[06/12 徘徊中年]
[04/25 リルコ]
[04/22 くたくたにゃん]
[04/11 リルコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R