忍者ブログ
2017.11│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

露地裏骨董。 気になる商品がございましたら、「商品の問い合わせ」欄からご連絡ください。詳細説明、追加写真などをお送りします。                                                  国分寺市本町2-25-15     ℡ 090-1400-7141   12:00〜20:00(日曜13:00〜19:00)

2017年11月18日 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011年03月17日 (Thu)

「もし世界の終りが明日だとしても
私は今日りんごの木を植えるだろう」
という、有名なフレーズがある。
(木を植える、と種子をまく、の二つのバージョンあり。 誰の言葉かは諸説あり、私は十代のときに寺山さんのアフォリズム集で知った。)

なぜか頭にふっとでてくる。

寺山好みの、谷川俊太郎好みの、「前向きな」 フレーズだと思っていた。

今ごろ、かなり 「絶望的で無力感いっぱい」 の言葉だったんじゃないか、と思う。 

被災地の方たちの、あの日以来続いている困難について、被災をまぬがれた地にいて、こんな屋根のついてる家にいて、ごはんもちゃんと食べられてて、すみませんすみません、という気持ちになって、「正しい気持ち」 になかなかなれない。
困難は共有できないし。
(共有、同化する必要なんかないんだ、と心理学を学んだ娘なら言うだろうな。)
それはつまり心に、「支援する足場」 がないということ。
非生産的でなんにもならない自虐心情。
アブナイヨ。 

目の前のことでは、まわりにいる通勤、帰宅困難者をみてるのがつらい。
いつもはガラガラの近所のスーパーに開店前から道路に延々と続いてる長い行列を見るのがつらい。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.244No.243No.242No.241No.240No.239No.238No.237No.236No.235No.234
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/13 リルコ]
[06/12 徘徊中年]
[04/25 リルコ]
[04/22 くたくたにゃん]
[04/11 リルコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R