忍者ブログ
2017.08│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

露地裏骨董。 気になる商品がございましたら、「商品の問い合わせ」欄からご連絡ください。詳細説明、追加写真などをお送りします。                                                  国分寺市本町2-25-15     ℡ 090-1400-7141   12:00〜20:00(日曜13:00〜19:00)

2017年08月20日 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011年03月16日 (Wed)
「平常どおり」、といいきかせながら、店を開けている。 
消費行動も、平常どおりに、とこころがけている。
それは、なかば意地であり。
でも、その意地をくじこうとするものが、東電にとっては 「計画」 かもしれないが私たち利用者にとっては 「計画のたたない」 停電で、そのためにどれだけ無駄なエネルギーを使わされていることか、と思う。
停電の二、三時間なんて我慢できるけど、鉄道を止めるなんて思わなかった。
だって、ライフラインじゃありませんか。

駅に行かなきゃ運行状況がわからず、始発駅になったところにはながい、ながい、ながーい行列ができ、マイカー通勤のせいでますますガソリンがなくなり、スーパーから食料品や日用品が消え…、これって、二次災害だと思う。

被災をまぬがれた地は、平常の経済活動をしなければならないのだ。
たとえ、内心は我慢してでも。

地域をくぎっての停電には無理があると思う。
首都圏中枢を除外したって、働く人は郊外から出勤したりするんだし。
電車は地域をまたいで走ってるんだし。
エネルギーを使いはたしてやっと会社について、二、三時間いただけで、またすごく苦労して帰宅した人がいたけど、これって罰ゲーム? 

住宅地域を停電して、どれくらいの節電になるんでしょう?
首都圏全体に、節電の網を広く薄くかけるわけにはいかないんでしょうか。
電車は間引き運転をし、企業やメーカーは操業を少し短くし、店は少し暗くし、深夜営業は少し閉店を早め、というふうに。
そのほうがパニックをおこさせないし、長期戦に耐えられると思うのだけど、しろうと考えでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.243No.242No.241No.240No.239No.238No.237No.236No.235No.234No.233
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/13 リルコ]
[06/12 徘徊中年]
[04/25 リルコ]
[04/22 くたくたにゃん]
[04/11 リルコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R