忍者ブログ
2017.09│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

露地裏骨董。 気になる商品がございましたら、「商品の問い合わせ」欄からご連絡ください。詳細説明、追加写真などをお送りします。                                                  国分寺市本町2-25-15     ℡ 090-1400-7141   12:00〜20:00(日曜13:00〜19:00)

2017年09月27日 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012年10月09日 (Tue)
「ジャズは嫌いじゃないけど、  ジャズファンは嫌いだ。」
という言葉を最近、  聞いた。
今までにも何度か聞いたことがあって、  そのたびに  「?」  と思っていた。
ほかのファンとどこが違うの?   と思っていた。

いわく、  ウンチクばかり言って、  人がこれが好きだと言ったら頭ごなしにけなしやがって、  ××を聴かなきゃだめだと押し付けがましくって、  云々。
なんか恨み骨髄、  のてい …。

でも、  そういう人ってどんなジャンルにもいるんじゃないの?
自分の好きさに自信があったらそれでいいじゃん。 
そんなんで聴く気を失うのにはもったいない音楽なんだよ、  とずっと思っていた。

まあ、  仮にいても、  ですね …。
自分の体験だけに狭く固執し、  それ以外の年代、  スタイル、  ジャンル自体を認めようとしない人っていうのは、  たぶんまだ  「聴きかじり」  なんです。
感動体験が多ければ多いほど、  反比例して偏見はどんどんなくなっていくもんだと思います。
だから、  リスナー歴長いくせにかたくなで人の好みをクソミソに言う人は  「聴きかじりで終わってる人」  と思ったらいいと思います。
そういう人の披露するウンチクは、  ニコニコと聞き流すのがいいです。
 
ジャズ評論では逆に、  個人的な思いが伝わらず  「客観的な物言い」  しかしていないのは、  なんだか読む甲斐がないなと思いますね。
(たとえば世代間の違いとか、  音楽シーンでの位置づけとか、  新しさを評価するとかしないとか。) 
私はそういうことはどうでもいい人間で、
そういうことを頭に入れて音楽を聴かなきゃいけない義理はどこにもない。
どのレビューもまったく同じ距離感の、  CD通販の紹介文みたいなのよりも、  書き手の嗜好や思い入れのほうを私は読みたいです。
すぐ 「世代」、「時代」 をキーワードにする人もいやかなあ。
それって、  思考停止だよ。
それで自分には理解できない感性を仕分けして納得したいだけなんだよ、  って思う。

自分が読んで面白いと思うのは、  今は後藤雅洋さん、  中山康樹さん、  村井康司さんなどです。  まだいらっしゃると思うけど、  よく知らない。

でもさ。
やっぱり、  かたくなで偏見の強い人って、  音楽に限らずどんな世界にもいると思うけどなあ …。
いるよ、  話をすぐ  「世代」  でまとめる人も。






≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.487No.486No.485No.484No.483No.482No.481No.480No.467No.478No.477
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/13 リルコ]
[06/12 徘徊中年]
[04/25 リルコ]
[04/22 くたくたにゃん]
[04/11 リルコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R