忍者ブログ
2017.08│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

露地裏骨董。 気になる商品がございましたら、「商品の問い合わせ」欄からご連絡ください。詳細説明、追加写真などをお送りします。                                                  国分寺市本町2-25-15     ℡ 090-1400-7141   12:00〜20:00(日曜13:00〜19:00)

2017年08月24日 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011年06月07日 (Tue)
以前から、店で時々買い取りのご相談などをいただくことがあり、このごろは、メールでもいただくようになりました。

狭い店で倉庫もないので、大掛かりなひきとりなどは他の業者さんに代わりに行っていただいたりもしていました。
その、片付け専門の業者さんの方々のお話。

「買い取り」 できるもの (たいていは昭和30年代以前のもの) と 処分しなきゃいけないものの処分代 の両方を見積もって、お金を払ったり、いただいたり、相殺したりするので、まず現場を見なければなんとも言えない。
要するに、
古いものは 「買い取り」 の対象になるけど、それ以外のものは 「片付け」、「処分」 の対象となり、御依頼主にお金がかかる、ということです。
(リサイクル屋さんなら、「古いもの」の代わりに「ブランド品」が入るのだと思います。)

このしくみの中では、いい業者も悪い業者もありません。
ただ明確に説明が出来る人が、いい業者さんといえるのだと思います。

お客様からご相談をいただいた経験から、ここらへんのことがあまり周知されていないのではないか、と感じておりました。
(新品で未使用なんです、と持ってこられ方がよくいらっしゃいます。)
なるべくご希望に添いたいのだけど、心苦しくお断りすることも多々…。
ぎゃくに、現物を拝見したとたん、 「買います!」 と叫んだこともありましたね。(古い発掘ガラス壜の山だった。) 

お断りしなければならない理由はいろいろで、そのように、新しい品だったり、スペース的に無理だったり。
お力になれなかった方々、ごめんなさい。
ウチの店は、なんというか、ガラクタセレクトショップみたいなもんだから、えらそーなこと言えないのですが、それでも市販されてる現行品だけは、基本、置きたくないと思っているのです。
(一部あったりするけど。 日頃からいいなと思ってる品が、市販価格の半額以下の値付けを出来るのであれば、売るなあ…。 そこらへんは、恣意的。)

対面だと、ケースバイケースでお話できたりするんですが、メールだと説明不足になったりしてしまいがち。
お問い合わせにお応えしたり、ご説明させていただくと、それっきり、という方もいらして、
それはちょっと、悲しいな、と思ったりするわけです。
たとえ 知らない者どうしの 「交渉決裂」 であっても、最後は 「お手数かけました。」 とか 「お役に立てず申し訳ありませんでした。」 などの言葉のやりとりでシメたいな、と思うんですけどね…。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.278No.277No.276No.275No.274No.273No.272No.271No.270No.269No.268
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/13 リルコ]
[06/12 徘徊中年]
[04/25 リルコ]
[04/22 くたくたにゃん]
[04/11 リルコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R