忍者ブログ
2017.08│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

露地裏骨董。 気になる商品がございましたら、「商品の問い合わせ」欄からご連絡ください。詳細説明、追加写真などをお送りします。                                                  国分寺市本町2-25-15     ℡ 090-1400-7141   12:00〜20:00(日曜13:00〜19:00)

2017年08月20日 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年12月10日 (Thu)

まるで、現代陶器のようでしょう?
このモダンでシンプルなシェイプにやられて、いつかはほしいとずっと思っていたものです。
これは江戸時代の丹波焼。
大きくて、存在感あります。
船の中で倒れないように、底広がりの、用の美。
眺めていて、自分が所有したかったのか、ただ「扱いたい」と思ったのか、もはやわからなくなっている。
とにかく気のすむまで眺めていたいだけで、気のすむときが来るかどうかは自分でもわからない。
ほとんどの気に入ってる仕入れって、そんなものです。
古陶はいい花器になるだろう、と思いがちですが、ほんとは、何もいれない姿が一番いいのです。
それだけで充足しています。
逆にいうと、花器にしたらいい、と思うものは、たいしたものじゃないと思います。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.91No.90No.89No.88No.87No.86No.85No.84No.83No.82No.81
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/13 リルコ]
[06/12 徘徊中年]
[04/25 リルコ]
[04/22 くたくたにゃん]
[04/11 リルコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R