忍者ブログ
2017.04│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

露地裏骨董。 気になる商品がございましたら、「商品の問い合わせ」欄からご連絡ください。詳細説明、追加写真などをお送りします。                                                  国分寺市本町2-25-15     ℡ 090-1400-7141   12:00〜20:00(日曜13:00〜19:00)

2017年04月26日 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年10月23日 (Fri)
先日、りょうが教えたらしく、某人気写真家の会社の社長さんが店に突然いらして、写真の被写体を、といろいろお買い上げくださった。
その方と写真家さんは、山田勇男さんともお知り合いで、「奇遇ですねえ。」 とおっしゃった。
いえ、奇遇ではありません、と心の中で思いました。りょうがその写真家を好きで、押しかけお知り合い?になったこと、りょうがうちの店を気に入ってくれたこと、私が山田さんと友人であったこと、山田さんがその写真家と知り合ったこと。
これらは偶然なんかじゃないと思います。
それぞれの、自分では無自覚な感性のようなものが、出会いを用意していたのだと思います。
出会いたい人には、いつか、出会う。
そう思う。
人脈を求めて社交的であったり、紹介をもとめたり、そういうことに熱心だったら、「出会い」 はないと思う。 逆説的だけど。
好きな人に出会う、ということの条件は、「ひとり」 であるということだからだ。
ひとりで感じ、考え、その考えにそって過ごしている、ということだけが出会いを用意する。
(ああ、当たり前のこと言ってるね。)
だから、奇遇じゃありません。
お会いできてうれしいです。
いつでもまたいらしてください。
お買いもの、されなくていいですから。
と言いたかったんだけどあわただしさでいっぱいになっていたから、帰られたあとで思ったのだった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.71No.70No.69No.68No.67No.66No.65No.64No.63No.62No.61
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[06/13 リルコ]
[06/12 徘徊中年]
[04/25 リルコ]
[04/22 くたくたにゃん]
[04/11 リルコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R