忍者ブログ
2017.08│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

露地裏骨董。 気になる商品がございましたら、「商品の問い合わせ」欄からご連絡ください。詳細説明、追加写真などをお送りします。                                                  国分寺市本町2-25-15     ℡ 090-1400-7141   12:00〜20:00(日曜13:00〜19:00)

2017年08月20日 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010年08月06日 (Fri)
夕刊を見てたら、懐かしくて慕わしい名前を見つけて、食い入るように読んでしまった。
木幡和枝さん。
どういういきさつだったか、札幌でジャズ喫茶をやっていたときに、松岡正剛氏とともに来店された。(札幌にいらしたのは、イベントのためだったと思う。私はイベントの一環として阿部薫ライブを入れてほしいと申し入れたのだった。今思い出した。)
 それは実現しなかったが、その縁で工作舎の雑誌 「遊」 に一度だけ書かせていただいた。
上京したら編集部に遊びにいらっしゃいとお言葉をいただいたが、一度もお伺いせずにいた。
その後芸大教授になられたのは知っていた。。
お会いしたときに、まとまった話をしたわけでもない (と思う。忘れました。) のに、なぜ慕わしいお名前なのかというと、ちょっとした会話、態度での 「ああ私、この方、わかるなあ。」 という直感だけなのでした。
その後ずっと、正直、セイゴオ氏より気になっておりました。
夕刊では、スーザン・ソンタグ女史と写真に写っていた。
スーザン・ソンタグは、よく知られている通り、9・11テロへの報復としてのイラク攻撃に、国をあげての愛国ムードのなかで、果敢に抗議の声を上げた作家です。
このお二人が、友人だった、ということを初めて知った。
別々に好きだった人同士が、友人だったことを知るなんて、嬉しいことじゃないですか?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.171No.170No.169No.168No.167No.166No.165No.164No.163No.162No.161
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/13 リルコ]
[06/12 徘徊中年]
[04/25 リルコ]
[04/22 くたくたにゃん]
[04/11 リルコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R