忍者ブログ
2017.06│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

露地裏骨董。 気になる商品がございましたら、「商品の問い合わせ」欄からご連絡ください。詳細説明、追加写真などをお送りします。                                                  国分寺市本町2-25-15     ℡ 090-1400-7141   12:00〜20:00(日曜13:00〜19:00)

2017年06月23日 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012年12月30日 (Sun)

「好きなジャズピアノは?」  ときかれると、  いつも  「バド・パウエルとセシル・テイラー。」  と答えていたけれど、  もう一人忘れていました。
フィニアス・ニューボーン・Jr.!

まだジャズ聴きはじめのころ、  パウエルと同じように  「ひと聴きぼれ」  して、  以来手持ちのアルバムはどれも愛聴盤です。

この三人、  共通点は …。
…。
やばさ、 かな。  (なんという能のない言い方!)
三人のなかではセシルが一番普通でまともな人に見えますね。

最近行ったCDショップで、  これは聴いたことなかったので即購入。
やばいです。  (なんという能のない …)

キラキラした超絶テクニックだけだったら、  こんなに偏愛しないと思う。
とにかく暗さと、  破滅の匂いですね。
逆らいがたく魅力的な、  破滅の匂いです。

2曲目、 超スローテンポの  「ゴールデン・イヤリングス」。
切々という感じでもない、  感傷的でもない、  なんというか、  「淡々と孤独」  というか。
悲しくもなんともなく、 「孤独があたりまえ。」 と思わせるといったらいいか。
いやでもレイ・ブライアントの同曲と比べてしまいますね。
あの軽くて楽しいけど可もなし不可もなしの、  原曲の美しさに寄りかかっただけの演奏。

3曲目 「It's AIIright With Me 」。
キレてる、  といったほうがいいくらい、  やばい。
全然、 Allright じゃないよ。 
殺気だよ。  近づいたら殺されそう。

というわけで、  最近エンドレスでかけつづけ、  フィニアスの暗さと破滅感と殺気にひたってる年末でした。
来る年を待つには、  ふさわしくないんだけど …。






≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
本・ジャズ・映画
早速探して、聴いてみよう。 ジャズ・映画・本であ~凄いと自分を別の世界に連れて行ってくれる人たちがいます。 今読んでるスタージョン 「夢みる宝石」 夢野久作の「氷の涯」以来のドキドキ感。 内田百間の「件」にも感じたぞ~とする感じ。ジャズでも「マイ・ネイム・イズ・アルバート・アイラー」の音。 エリック・ドルフィの「ユードント・ホワット・ラブ・イズ」。 映画は「2001年宇宙の旅」でウインナーワルツの音楽で大きな画面の端からチンボコのような宇宙船が出てくるシーンは小学生だったおれには、トラウマと言っていいほど。 「ブレード・ランナー」のプリス! 最後のルドガー・ハウワーが寿命が尽きて鳩を抱き死ぬラスト痺れました。 等々止められないんだ。
かつみ 2012/12/30(Sun)10:09:10 編集
かつみさん
なんだかもりだくさんで、かなり言いたいことたまってるみたい。
休みの間にガスぬきしましょう。
このレコード、この内容で¥999! おすすめです。
同じようなキラキラ超絶テクのオスカー・ピーターソンは明るくてハッピーなので人気があったけど、 フィニアスは売れなかったそうですよ。 さもありなん…。
これ、バラードがぐっときます。
リルコ 2012/12/30(Sun)11:05:50 編集
無題
タイミングはずれのコメントですみません。
フィニアス、名前だけは知ってたけどまともに聴いた事ありませんでした。
ルリコさんの文才で、そそられてしまったじゃないですか。
こりゃ、聴かなくちゃ!

季刊『ジャズ批評』最新号、何とローランド・カーク特集。
何で今さら…買っちゃったけど。
徘徊中年 2013/01/14(Mon)21:32:33 編集
無題
この「ゴールデンイアリングス」、アドリブなしなんですよー。
一番絶好調のフィニアスは「ワールド・オブ・ピアノ」かなと思うんですが、 グッとくるのは多少ミスタッチもありながら鬼気迫るこっちですね。
でもフィニアス、 何買ってもほぼ間違いなし。
カーク特集、 私も買います!
すごーくひさしぶりに思い出横町行ったんですが、よかったです。(ラーメン屋みたいな名前の店だった。)
ただ昔の「ションベン横町」のワビサビの風情は西荻窪南口の駅横に残っていて、 おすすめですよ。



リルコ 2013/01/15(Tue)13:24:26 編集
フィニアス、バドそして
ん、もう、買っちゃいましたよ。
札幌のタワーレコード。
安い!国内盤で999円で、さらにセールで1割引!
ついでにバド・パウエルの芸術も。
さらに、ミンガスの道化師も。
ミンガスの代表作はほぼ全部持ってたんだけど、
これは持ってなかった。
3枚で2700円って、1枚分の値段でした。
徘徊中年 2013/01/20(Sun)20:08:49 編集
無題
濃いのばっかり …。
タワレコで、 有名ミュージシャンの代表作が5枚分くらいパッケージされて、千円くらいて売ってるシリーズがあったでしょ?
手持ちとかぶってるので買わなかったけど、
あれ見たとき、 有り難いと思うよりもなんか暗澹とした気分になりました。
もう末期症状だな、 って。
CD売れないってことか、それとも版権切れたってことかしら。

リルコ 2013/01/21(Mon)10:11:09 編集
廉価版CD
そうなんですよね。
以前にも書いたけどセロニアス・モンク10枚組が1680円!
これが聴いたら結構いいんですよ。
調べたらエリントンも同様のboxがあるようですが、店頭にはなかった。
ローランド・カークがあればもちろん買いですが。
カーク『溢れ出る涙』(1800円)も買いましたよ!
徘徊中年 2013/01/27(Sun)22:07:54 編集
無題
ローランド・カークが話題になるだけで嬉しい。 ふっと何聴こうかなと思えばカークです。 尽きないイメージのアドリブまさにあふれでるです。バラードぞわっとするくらい体の芯に響く。表現するのが、もどかしいぐらいにいろんな楽器を使う。 サーカスを観ているかのよう乱歩のごった煮のような久作の圧倒的な・・旨く言えない!大好きなんだ。
かつみ 2013/01/29(Tue)12:41:37 編集
かつみさん
ローランド・カークという単語には絶対反応しちゃうんだよね。
フィニアスだってば(笑)。去年の暮れに「ブギウギ・ストリング・アロング・フォー・リアル」というのを買い、とてもよかったです。 ジャケットもナイス。

リルコ 2013/01/29(Tue)18:36:15 編集
無題
あっごめん、F・N・Jrか、聴いてみます。ミンガスのオウ・ヤーのカークもいいなぁ。 ミンガスのハイチアン・ファイト・ソング?も仕事に対して戦闘モードに入るには最適!気持ちがぶつぶつ泡立つ感じ。 ドルフィーのバスクラの咆哮も最高!!
かつみ 2013/01/31(Thu)12:33:36 編集
無題
カークはそのうち別仕立てで書こうと思ってたんだけど、うん、もう! シフト!
「オーヤー!」はカークなしでは成立しません!
「ボランティアスレイバリー」「溢れ出る涙」はもちろん「ブライドモーメント」、「ローラーコースター」の真っ黒さが好きです。
「ブラックナス」の一曲目エイント・ノー・サンシャインは北島三郎「与作」のカバーだって知ってた?(ウソ。)
そして「天才ローランド・カークの復活」。
泣けてしまうよね。
リルコ 2013/01/31(Thu)19:17:55 編集
今、ラサーンが熱い
すみません、まだラサーンネタで引っ張っていいですか?

ミンガス大好きの僕の中でも『Oh Yeah』は5本指に入る傑作。
もちろん『カーネギーホール』も傑作!!

『溢れ出る涙』いいですねえ。
以前はずいぶんセンチメンタルなタイトルだと思ってたけど、
迂闊にもその真意を最近になって知った。
おいおい『Volunteered Slavery』もえぐいタイトルだと思ったけど、
ある意味、それ以上にえぐいね。

『ブラックナス』ですか。
こいつも廉価版出てるんで、買いに行きます。

そんな毎日ですが、映画を観るために加入しているスカパー。
何と「ミュージックエア」と言うチャンネルの無料放送(!)で2/6に
ローランド・カークの番組が放送されるんだけど。

何?これ。
今、サラーン、半端ないす。

徘徊中年 2013/02/03(Sun)20:33:14 編集
無題
あ、録画して焼いてはくださいませぬか?
東京に「ラサーンオーケストラ」というバンドがあり、カークがやった曲のみを演奏しています。(ここに出てくるかつみさんはそこのアルトでした。)
札幌に「ローランド・カーク・バンド(だったかな)」というのもあるそうで、知ってるだけでもこれだけあるということは、全国にいっぱいあるのかもしれませんね、カーク・トリビュートバンド。
(ただ、3管くらいでやっとカーク一人分の音ですけど。)


リルコ 2013/02/04(Mon)08:44:40 編集
無題
あ~貴重な情報ありがとう。 カークの音には色んな意味で管三本でも全くとどきませんでした。 俺はカークの音はビレッジ・バンガードでコルトレーンを勉強し、更に進めたように思っています。
かつみ 2013/02/04(Mon)12:53:07 編集
無題
うんうん。 あの音の厚みと黒さとノイジーさ。
どんちゃん騒ぎのようでトラディショナル。
あの味は3管だろうと5管だろうと出せないね。

リルコ 2013/02/05(Tue)10:02:10 編集
録画
カークの番組、HDに録りました。
DVDに焼きますか?
少し時間ください。
63年と67年のライブ3本だての80分。

札幌のバンドは、ジャズ批評でも紹介されてましたね。
徘徊中年 2013/02/06(Wed)23:46:09 編集
無題
ぜひぜひ。
ゆっくりでいいです。 家宝にします。
ジャズ批評みてたら、正規盤ブート盤入り乱れわけわかんなくなりますね。
私の好きな「ローラーコースター」も入ってなくて、他のタイトルになってるのかな。
よかったら焼きましょうか。 人に頼むので時間かかるけど。
リルコ 2013/02/07(Thu)13:22:01 編集
無題
お願いします。
徘徊中年 2013/02/08(Fri)21:44:26 編集
←No.516No.515No.514No.513No.512No.510No.509No.508No.507No.498No.506
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/13 リルコ]
[06/12 徘徊中年]
[04/25 リルコ]
[04/22 くたくたにゃん]
[04/11 リルコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R