忍者ブログ
2017.07│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

露地裏骨董。 気になる商品がございましたら、「商品の問い合わせ」欄からご連絡ください。詳細説明、追加写真などをお送りします。                                                  国分寺市本町2-25-15     ℡ 090-1400-7141   12:00〜20:00(日曜13:00〜19:00)

2017年07月20日 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010年07月14日 (Wed)

水中花、で思い出すのはいつも、
「堪へがたければわれ空に投げうつ水中花。」
という、伊東静雄の詩の一節。
「金魚の影もそこに閃きつ。
すべてのものは吾にむかひて
死ねといふ、
わが水無月のなどかくはうつくしき。」

二十歳くらいの頃からとても好きな詩でしたが、今読むと、最後の一言になんか違和感がある。
あれ? うつくしいの? 「くらき。」 とか 「くるしき。」 とかじゃないの? って思ってしまう。
若いときって、苦悩も甘美、ってときだから、あまり違和感を感じなかったのかもしれない。

冷房が普及してから、水中花というものは夏の風物ではなくなったらしく、一年中ぽつぽつと売れるので、店では一年中置いています。
十年くらい前、市場で大量に買ったとき、(当時は自転車で行ってたので、宅急便で店に運んだ。) ああ、私は一生水中花を売るんだわ、と思ったのを思い出す。
ちっちゃい商売だわ、って…。

若い人は見たことがないらしく、年配の男性はいきなり 「愛の水中花」 を歌いだしたりするけど、私、無視。
私自身小さいときから水中花フェチで、縁日でいつもねだっていました。

薄く削った木片に着色したもので、水をとりかえていれば入れっぱなしで何年でも長持ちします。
これは昭和三十年代のもので、輸出用でもあったらしく袋に英文も書かれている。

昔は、涼を呼ぶものとして、杯洗に入れたりもしたので、「酒中花」 とも言った。

「泡ひとつ抱いてはなさぬ水中花」  風生

「水中花さびしきかやや傾けり」  故郷


                              1P ¥350
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.164No.163No.162No.161No.160No.159No.158No.157No.156No.155No.154
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/13 リルコ]
[06/12 徘徊中年]
[04/25 リルコ]
[04/22 くたくたにゃん]
[04/11 リルコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R