忍者ブログ
2017.12│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

露地裏骨董。 気になる商品がございましたら、「商品の問い合わせ」欄からご連絡ください。詳細説明、追加写真などをお送りします。                                                  国分寺市本町2-25-15     ℡ 090-1400-7141   12:00〜20:00(日曜13:00〜19:00)

2017年12月16日 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011年05月05日 (Thu)

アイラーの、まずは、の三枚。
「マイ・ネーム・イズ・アルバート・アイラー」 「スピリチュアル・ユニティー」 「ラスト・レコーディング」。



「 One day, everything will be as it should be. 」 
この言葉、どう訳しますか?
これは、アルバート・アイラーというテナーサックス奏者が全く無名の若者だったときに、コペンハーゲンで録音したレコード、「マイ・ネーム・イズ・アルバート・アイラー」 のなかの、自己紹介の結びの言葉です。
ライナーノーツの訳では、
「いつか、世の中のひずみもなくなるでしょう。」

27才のアイラーは、気負いのないさわやかな声で、静かにそう言いました。
(63年。 まだ黒人差別が激しかった時代のこと。)

ジャズ界に突然登場して、最初から自分の音色と奏法を持っていたアイラーは、生れついての、天然の、「前衛小僧」 だったんだと思います。
このレコードは編成はオーソドックスなカルテットだけど、そして曲もスタンダードのだけど、アイラーは全く自由奔放なプレイ。
「こういうふうにしかやれないんだよ」 というのが滲み出ています。

70年、フランスのマグー美術館でのコンサートを収めた 「ラストレコーディングVol1、Vol2」。
アイラーの自作曲たちは、まるでトラッド・ジャズのようです。
アイラーの音はコールマン・ホーキンスを思い出させる。
大ウケの聴衆の前で、彼はアクセル全開。
咆哮のようなすすり泣きのような、ブルース、ゴスペルのような童謡のような、そしてトラッドのような前衛のような。
アイラーは、そのぜんぶ。
ナイーブな子供のように、音が自然に身体から湧き出てくる。

このコンサートの四ヶ月後の11月25日、アイラーはニューヨーク、イーストリバーで射殺死体となって発見された。 34才。
(三島由紀夫と同じ命日です。)
この天然宝石のようなミュージシャンの死体は、「よくある身元不明の黒人死体」 としてモルグに安置された。

当時のスィングジャーナルの、訃報を伝える記事の切り抜きを、私はいまだに持っている。
(その二年後、自分が「アイラー」 という屋号のジャズ喫茶をやるとは、まったく思ってもいなかった。
フリージャズ志向だった前経営者がつけたのを、そのまま使ったのだけど、「シェップ」 だったら使わなかっただろうな…。たぶん。)

のちに、中上健次の 「破壊せよ、とアイラーはいった」 というタイトルの本がでたとき、「??」 と思った。
そんなこと、絶対にいってない。 思ってもいなかったでしょう。

アイラーの死に方を思うとき、いつも冒頭のフレーズがセットになって心に浮かんできてしまいます。

Is everything as it should be, now ?


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.265No.264No.263No.262No.261No.260No.259No.258No.257No.256No.255
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[06/13 リルコ]
[06/12 徘徊中年]
[04/25 リルコ]
[04/22 くたくたにゃん]
[04/11 リルコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R