忍者ブログ
2017.08│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

露地裏骨董。 気になる商品がございましたら、「商品の問い合わせ」欄からご連絡ください。詳細説明、追加写真などをお送りします。                                                  国分寺市本町2-25-15     ℡ 090-1400-7141   12:00〜20:00(日曜13:00〜19:00)

2017年08月23日 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年08月12日 (Wed)

たぶん、一番好きな短編小説。
今回、今はやりの新訳で読んでみた。
貧乏な「下級官吏」(新訳では下っぱ役人)の、さえない男が、ボロボロになった外套を、給料の何倍も払って新調する一大決心をする。
涙ぐましい節約をして。
仕立て屋にいろいろ注文をつけ、毎日通って出来上がりをうきうきしながら待ち、仕立て上がった外套を誇らしげに着て…という話で。(おちもちゃんとあるのだけど。)
ドストエフスキーの長編のエッセンスを凝縮したような短編で、ペテルブルグの暗くて寒そうな町やそこでつつましく(なんてもんじゃない!)暮らすロシアの人々が、とても親しいものになる。
新訳は、なじめなかった。
旧訳(岩波文庫)の、固いまじめくさった訳文のほうが、この小説の暗いだけじゃないユーモアをひきたてていて、「貧しい」ということがロマンチックでさえある。
新訳は、地の文が落語か漫談みたいな戯文調で、「するってえと、」とかいう。「彼はルンルン気分で、」とか。
ドストエフスキー的気分はまるでない。
私は旧訳に軍配。

うちの店では、秋冬になるとコート類も売る。
(実は心の中では「外套」と呼んでいる。)
服は、毎年使い捨てに近い消耗品となって久しいのだけど、どうも私は潜在的に、そのことに「知らんぷり」をしているみたいなのだ。
この小説の主人公のように、一枚の外套を貴重なモノとして扱いたいのです。
現代の日本では、フリにすぎないけど、知らんぷりしていたい。
古い家具で、裏に墨で日付を書いてあるものがときどきある。
この家具は、持ち主にとってこの小説の「外套」だったんだなあと思う。
「○年○月○日、長男誕生」というのを見つけたこともあった。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.46No.45No.44No.43No.42No.41No.40No.39No.38No.37No.36
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/13 リルコ]
[06/12 徘徊中年]
[04/25 リルコ]
[04/22 くたくたにゃん]
[04/11 リルコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R