忍者ブログ
2017.12│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

露地裏骨董。 気になる商品がございましたら、「商品の問い合わせ」欄からご連絡ください。詳細説明、追加写真などをお送りします。                                                  国分寺市本町2-25-15     ℡ 090-1400-7141   12:00〜20:00(日曜13:00〜19:00)

2017年12月18日 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011年11月10日 (Thu)

なぜか寒くなると聴きたくなるので、 最近これを店でよくかけている。
たまたま来店された男の子が、 誰ですか? ときいたので、 六十代になったキャロル・キング、 と答えると、 へえー、かっこいい! 僕 「タペストリー」 大好きなんですよ、 という。
それなら、 と、 「イッツ・ツゥ・レイト」 と 「君の友達」 と 「空が落ちてくる」 のトラックをかけてあげる。
彼、 階段に腰掛けて本格的に聴く。
いいなあ! 若いときのよりいいなあ! を連発。
そうでしょそうでしょ。

声はいくぶん低くなって、ハスキーになったけど、 かえって魅力的になったし、 歌の世界が大きくなっている。
「君の友達」 なんか昔のより泣ける。

何年前か忘れたけど、(コンサートのタイトルも忘れたけど、) ファーギー、 メアリー・J・ブライジ、 キャロル・キングの三人のジョイントコンサートが武道館であった。
私のお目当てはファーギーで、 つぎにメアリー。
キャロル・キングは過去の人、 というイメージだった。
ところが、 ダントツによかったのが、 キャロルだったのでした。
なんかもう、 歌唱力とか、 技術とか、 曲やアレンジの目新しさとか、 そんなところで勝負してないです。
ハートと包容力と人間性の幅と…、 感動の元は、そういったものでした。 
コンサートがとてもよかったので、 直後に買ったのがこのCD。 
2005年のツァーを収めたものです。

以前、 「タペストリー」 の 「君の友達」 の歌詞を聴きながら、 夫が、 「うそっぽい。 こんなやついないぜ。」 と言ったことがありました。
そうかな… 。
私は、 ほんの若干名だけど、 いるよ…、 と思いました。
困難なときに何をおいても駆け付けるほどの、 それほどの恩恵を受けている友達が。
六十代のキャロルの方のを聴くと、 夫も 「うそくさい。」 とは言えないんじゃないかなあ、
と、 そう思うくらい、 じんわりと心に沁みるのでした。。




≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.341No.340No.339No.338No.337No.336No.335No.334No.322No.332No.331
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[06/13 リルコ]
[06/12 徘徊中年]
[04/25 リルコ]
[04/22 くたくたにゃん]
[04/11 リルコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R