忍者ブログ
2017.09│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

露地裏骨董。 気になる商品がございましたら、「商品の問い合わせ」欄からご連絡ください。詳細説明、追加写真などをお送りします。                                                  国分寺市本町2-25-15     ℡ 090-1400-7141   12:00〜20:00(日曜13:00〜19:00)

2017年09月23日 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2016年04月25日 (Mon)



なまら訛ってる青森の業者さんから買ったリンゴを収穫する用の竹籠。
これを腕にかけて脚立に乗ったそう。
手籠としてはかなり大きいので、これにリンゴが一杯に入ったらさぞ重かったことでしょう。
今は「プラ箱に機械収穫」だそうで、そっちの方がイメージ湧かない。

台所で野菜入れにしたり、モノを運んだりするのに実用していただきたいものです。

二個あり。
一個 ¥ 2500








==============================
PR
2016年04月21日 (Thu)



ナナ・ヴァスコンセロスへの追悼になってしまったジスモンチのライブへ行った。

今はジスモンチだっけ、ギスモンティだっけ (昔はこっちが一般的だった) と、書く前に10秒くらい考えてしまう古い人間です。
アルバムもECMデビュー作「輝く水」('76) からの数枚と、「マジコ」しか聴いてない。
で感動していたかというとそうでもない。
音はきれいでテクは華麗だけど、アフタービートじゃないし…なんて。

今日初めての生ジスモンチを聴いてすぐ思ったのは
ECMダメじゃん!
ということ。
生の音のふくよかさやビビッドさ、ダイナミズム、レコードと全然違うじゃん! と。

どんなに目と耳を集中させてもあの演奏の複雑さのしくみはわからない。
主旋律とリズム、のみならず、主旋律とそれを追いかける主旋律、副旋律、それらが複合してる音。 そして一番凄いのは、全体がグルーブしている!

前半がギター、休憩はさんで後半がピアノだったけど、楽器がいくら変わってもジスモンチはジスモンチ、音楽は変わらない。 ダイナミズムとともにとても繊細。

ただ私にはナナあってのジスモンチ音楽だったので、ナナの不在は寂しかった。
いくらナナの気配はジスモンチに内包されてるのさ、と(その通りなんだけど) 思おうとしても。 生身が欲しい…
でも一番悲しいのは長年の相棒を失ったジスモンチ自身に決まってます。
アンコールでバーチャル共演をした彼は、もうとっくに乗り越えて、ナナの楽しさを会場いっぱいに伝えていました。

終了後思ったのは
「惜しい! これだけの演奏する人ならもうちょっとでフリー行けるのに!」
(いやいや、行きたくないから。)



余談ですが。
ECM憎し、の感情は今も残っていて、仕方なく持っているのもあるのだけど。
なぜって、雑味を削ぎ落としてジャズの醍醐味を消して、どんな人でも「ECMミュージシャン」にしちゃうからね。
ヤン・ガルバレクやキースは合ってるかもしれないが、AEOCやリベレイションミュージックオーケストラを聴いたときには
「ECMに見込まれたら終わる」
と思っていた。
(あ、思い出した。「戦死者たちのバラード」を出したとき「リベレイション」という言葉を使ってはいけない、って言ったんだ、ECMは。)
まあデジタルリマスターCDばかりになった今となっては、もうどうでもいいんですが。








===============================

2016年04月07日 (Thu)



この宿に最初に行ったのは'80年代始め。
新婚で行って、子供たちと何回も行って、友達と行って、また夫と二人でいって、と、今までに7、8回は行ってます。

その間に代がかわり、建増しやリフォームされ、中はますます迷路状態。

かねてからここを薦めていた友達が行くというので喜んで同行させてもらいました。
去年病気をした彼女の快気祝いのつもりもありました。 あせったんだもの。
彼女が元気になったので自分へのお祝いかな。



これは「江戸の間」の廊下。
江戸の間と明治の間と昭和の間があり、私は江戸の間が一番感激なんだけど宿側は一番値段を安くしており、価値がわかってない感もあり。



風呂場は建物の中に6カ所くらいあるのかな。これは源泉に一番近い「天狗の湯」。この横に昔は炊事場があった。
連泊する湯治客が多かったのだ。



廊下のあちこちに「神様」のスペースがあり、今では蝋燭型電球だけど昔はほんとの蝋燭だった。

この宿のメインイベントは深夜の温水プール。木立に囲まれて星を見ながらつかる。
写真を撮れなかったのでつげ義春さんのイラストをお借りします。



この宿は始めからつげさんの「やなぎ屋主人」「ゲンセンカン主人」の舞台のような感じがしていて、あとでつげさんのお気に入りだとわかったのでした。



今回出かける前に友人がネットでの評判を読んだらあまり芳しくないのもあったとのこと。
私は別個に「つげ義春」が好きで「北温泉」が好きで、その嗜好には関連があると思うのだけど、つげさんがダメだったらダメかもしれないなあと思いました。



最後に。 来るたびにいいアイディアだと思ってきた陶器のガイシのハンガーかけ。 等間隔で3個ついてます。





==============================
2016年04月07日 (Thu)



映画の感想の前に、先日の店番Sちゃんとの、親子ほどの年齢差のあるがまあ一応「女子会話」を。
意気投合してるのでどちらがどちらの発言でも構わない。

* 女にいわれなき憧れや幻想を持ってる男っているんだよね
* 女きょうだいのいない人とか男子校出身に多いよね
* そういう人は憧れが裏切られると手のひらを返したように女性蔑視になったりするよね
* そういう人に好きだと言われても、自分が選ばれてる気がしないよね

まだまだ続くのですがあとはオフレコ。
この内容は男と女を入れ替えて「男子話」にもなってるのかな。

でね、この岩井俊二調全開の映画を見た後にこのときの会話を思い出しちゃって。
黒木華の魅力で3時間飽きずに観ましたが。
岩井さん、華ちゃんにあんな服着せたりこんな服着せたりやりたい放題!
でも華ちゃんとCoccoの会話のリアリティのなさには、ちょっとひいちゃいました。

りりィはチョイ役だけど存在感あり。
だけどあの行為の意味がわかんない。
同調する綾野剛、さらにわかんない。
その場で感激してる華ちゃん、わかんない。

岩井さんはもとより少女趣味 (二重の意味で) のひとだけど。 女きょうだいがいらっしゃらないのか男子校出身なのか知らないし、べつに憧れが反転してヘイトにもなっていないのだけど、
いいのかな50男がそれで。だまされるよ。

前半の、華ちゃんと外世界の齟齬、というか、やることが全部裏目に出る感じは好きで、思い入れ出来たのはそこまででした。
ハリウッド映画では定石だけど、最近の日本映画も「ちょっと希望を見せる」のはお約束になってるのかなあと思いました。
「何もかもうまく行かない」のがあってもいいと思うんだけど。





==============================








==============================





2016年04月01日 (Fri)



聞いたけど忘れちゃったのですが、ポーランドだったかな。
素晴らしい古い洋館から買い取らせていただきました。
戦前に外交官だった方の持ちもの。
他にたくさんおみやげ人形があったんですけど、まっしぐらに「これを」。
不思議なオーラがあるでしょ?



頭巾?がね、とんがってるの。

¥ 2500




==============================
Prev1 2 3 4 5 6 7 8  →Next
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/13 リルコ]
[06/12 徘徊中年]
[04/25 リルコ]
[04/22 くたくたにゃん]
[04/11 リルコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R