忍者ブログ
2017.08│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

露地裏骨董。 気になる商品がございましたら、「商品の問い合わせ」欄からご連絡ください。詳細説明、追加写真などをお送りします。                                                  国分寺市本町2-25-15     ℡ 090-1400-7141   12:00〜20:00(日曜13:00〜19:00)

2017年08月23日 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012年03月07日 (Wed)
 
骨董では、 伝来とか素性とかで、 ものにさらに箔が付くということがあるけど、 
昭和の人形なんてどんなものかしら。

この文化人形を買ったのは、 前の持ち主が、 つげ義春夫人の藤原マキさんだったから。
マキさんはまだお若くして亡くなられた。
私は 「私の絵日記」(北冬書房) 以来のファンだったので、 マキさんの形見ならと買いとったのでした。

それ以前からずっとつげさんの大々々ファンだったので、 マキさんの日記の前に 「つげ義春日記」(講談社) のほうを先に読んでいました。
どっちの本にもお二人の骨董嗜好がいろいろ書かれている。
マキさんはとくに人形にこだわっておられて、 この文化人形も小さめながらすこぶる状態がよいのです。
私が8年くらい持っていましたが、 そろそろ次のよき持ち主を見つけてあげなくては… 。 

ちなみに、 前述の二つの日記は、 同時期のことを書いているので、 合わせて読むととても面白かったのでした。
ちょっと笑えて、 ちょっとかなしい。

つげさんの作品は、 みなそうですね。
「暗い、 重い。」 だけじゃなくて、 ユーモアも、 軽みもある。
子供っぽさも、 受け狙いも、 ずるさもある。
そのまるごと好きなのですよ。
あ、 話がそれちゃった。
                             マキさんの文化人形 (昭和20年代後半)  全長約20㎝  
sold out





≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
どうもです
こんばんは。つげさんは高校生時代から大好きです。貸本屋時代から読んでました。ガロは私の青春そのものです。『ほんやら洞のべんさん』を何度も読んで、二人の会話の、言葉と優しさの馴染み具合がたまらなく好きでした。東京に出たばかりの淋しかった時代を思い出します。紅い花、久しぶりに読んで完成度の高さに驚きました。ひとこまひとこま凄くて一本の線も消せないほど。昔は鈴木翁二や林静一がお気に入りだったけど、つげさんのすばらしさは年食ってからの方が分かるのかな、とも思います。初茸がりも好き。
昭和の人形は母が集めていました。どっかにごっそりあるんだろうけど。
クロコ URL 2012/03/07(Wed)03:23:41 編集
←No.393No.392No.391No.390No.389No.388No.387No.385No.372No.384No.383
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/13 リルコ]
[06/12 徘徊中年]
[04/25 リルコ]
[04/22 くたくたにゃん]
[04/11 リルコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R