忍者ブログ
2017.02│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

露地裏骨董。 気になる商品がございましたら、「商品の問い合わせ」欄からご連絡ください。詳細説明、追加写真などをお送りします。                                                  国分寺市本町2-25-15     ℡ 090-1400-7141   12:00〜20:00(日曜13:00〜19:00)

2011年01月11日 (Tue)
渋谷 「ユーロスペース」 で。
久しぶりに渋谷百軒店を歩きました。
ブラックホークもスィングもBYGも音楽館もサブも我がありんこも、すでになかった。 わかってたけど。
健在なのは、カレーのムルギーとクラシックのらいおんと道頓堀劇場だけでした。 
円山町のラブホのロココ調の建物群が侘びていい感じだったので、観賞しながら映画館へ。

映画、心配してたよりも、よく出来ていました。
(いったいどんな出来だと思ってたんでしょうね…。)
好きな原作の映画化となると、誰だって心配だよね。
リアル北海道弁と、加瀬亮と、猫を抱いたおばあさんと、鉛色の津軽海峡がよかった。
もう、思い入れがあるから客観的に観られないです。
庶民を描くといえば、今村昌平。 (七十年代までの)
今村昌平が撮ったらどうだったかな、とちらと思った。 (しつこいけど 「楢山節考」以前の。)
夫は 「小津だったら?」 と思ったそうな。
それはないな…。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「海炭市叙景」東京国際映画祭・コンペティション部門出品作品
「海炭市叙景」★★★☆ 谷村美月、加瀬 亮、 小林 薫 、南 果歩、竹原ピストル、三浦誠己、 山中 崇出演 熊切和嘉 監督、152分、 2010年 日本 | 配給:[スローラーナー] (原題:Sketches of Kaitan City )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← この映画は昨年の映画祭のコンペティション部門として、 一般公開に先駆けて見た、 映画を見終えたのは確か夜の...
URL 2011/01/18(Tue)07:10:51
←No.221No.220No.219No.218No.217No.216No.215No.214No.213No.212No.211
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
フリーエリア
最新コメント
[06/13 リルコ]
[06/12 徘徊中年]
[04/25 リルコ]
[04/22 くたくたにゃん]
[04/11 リルコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R