忍者ブログ
2017.12│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

露地裏骨董。 気になる商品がございましたら、「商品の問い合わせ」欄からご連絡ください。詳細説明、追加写真などをお送りします。                                                  国分寺市本町2-25-15     ℡ 090-1400-7141   12:00〜20:00(日曜13:00〜19:00)

2017年12月18日 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010年06月03日 (Thu)

先日店に行ったら、なにやら店番ヒロカがオロオロしている。
子猫が店に入り込んで、什器の大きな家具の奥にいるらしい。
私はおびきだすためのカツオブシパックを買いに走る。 (食べやしなかったけど。)
ヒロカは懐中電灯で探りながら、長い棒で、家具の裏の奥へ奥へと逃げ込む子猫をなんとか手前に来させるようにする。
子猫はバカだから、自分から入り込んで出られなくなったりもするのだ。 
もう、人間の子と同じくらいバカな生き物なんです。
ヒロカの奮戦ぷりといったら!
つぎつぎとモノを動かし、スカートが汚れるのも構わず、救出しなきゃ!の一心で、ああーそっちいっちゃだめ、ほらこっちおいでー、とひっきりなしに話しかけながらはいつくばったり、カウンターの上に飛び乗ったり。
やっと家具の裏からは出したが、そのあと見失ってしまった。

じつは、店の入口からすぐのところに隣の建物との通路があり、そこが野良猫一家のホームグラウンドなのです。
だからいれかわりたちかわり、よく迷い込んで来る。
いや別に、閉店時間になったら出ていってくれたらいいんだけどね。 (でないと監禁しちゃう。)
大人猫は追い出すときにわかってくれるけど、子猫は、ほらバカだから。

それにしてもヒロカの奮戦には、見とれてしまいました。 オームを助けるナウシカみたいでした。
「バイトして数年(←自分で忘れてる)、今日が一番疲れましたー。」

以下当店のツッコミ係、バイトMの談。
「猫の世界でさ、ここに入ってくることが、冒険話か、大人になる通過儀礼みたいになってるのかもよ。 あそこのぼーっとした店番の目を盗んで2階でくつろいできたら一人前! みたいな。(そんなのもいた。)
『おまえ、行った?』
『2階まで行ったぞ!』
『わあ、スゲー!』
みたいな。」
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.149No.148No.147No.146No.145No.144No.143No.142No.141No.140No.139
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[06/13 リルコ]
[06/12 徘徊中年]
[04/25 リルコ]
[04/22 くたくたにゃん]
[04/11 リルコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R