忍者ブログ
2017.07│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

露地裏骨董。 気になる商品がございましたら、「商品の問い合わせ」欄からご連絡ください。詳細説明、追加写真などをお送りします。                                                  国分寺市本町2-25-15     ℡ 090-1400-7141   12:00〜20:00(日曜13:00〜19:00)

2017年07月20日 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010年02月09日 (Tue)

ブラジル・ソウルという分類になっているらしい、セウ・ジョルジ。
ずっとひいきにしてCD買ってきたけど、実はどれも釈然としない出来だと思っている。
微妙なニュアンスが歌い分けられてないし、サビはがなりたててるだけ。
応援したいのに…。
彼は、出演した映画「シテイ・オブ・ゴッド」の子供達さながらの、ストリートチルドレンだった。(だからひいきにしてるというわけじゃないけど。)
でも先にCDを聴いてから観た「ライフ・アクアティック」は、大々好きな映画になりました。
幻のサメを追っている「チーム・ザズー」のクルーが主人公。
ひそかに、大事に、愛でてるとてもチャーミングな映画です。
でも、誰にもおすすめできる映画じゃない。
とぼけた映画なのです。
生き別れの父子の対面が全然もりあがってないこと、
海洋生物の造型がみんなかわいらしいこと、
潜水艦内部の輪切りが面白いこと、
見張り番なのにギターを弾いて歌ばかり歌ってるセウ・ジョルジ。(なぜか全部デビット・ボウイのカバー。)
海賊がちゃんとシマシマを着てること、
赤いニット帽とポロシャツとねまきがかわいいクルーの制服。
ああ、書き連ねていくとどんどんネタバレになっちゃうな。
こういう細部を面白がれる人たちには、絶対お勧めです。
ゆるい、とぼけた映画ですが、ラストにちゃんとクライマックスと感動が用意されてる。
メイキング映像てみた監督のウェス・アンダーソンご本人も、とぼけていてかつチャーミングな人だった。
この映画を観てから、私も赤いニット帽がほしくなりました。
電車のなかでたまたま赤いニット帽の人を見かけると、もしやこの人も?と思ってしまう。
娘Mは就活時期に、「チーム・ザズーみたいなとこで働きたい…。」とぼやいていた。
ないです、そんなとこ。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ウェス・アンダーソンのダージリン急行ってやつ観た?私まだ観てないんだけど、すごく気になる!どーでもいいことですが、私、彼と誕生日一緒なんだ。ライフ・アクアティック観て、この監督は一体どんな人なんだろう?って思って調べちゃった。話してみたいな。
ユーキャン 2010/02/09(Tue)15:00:21 編集
無題
観てないんですよー。観たいな。この監督とはすごく肌があう気がする。ほんとチャーミングだよね。でもライフ・アクアテイック観てどこがいいのー、って言った人もいたし、万人向きじゃないのかも・・・。応援したいのに、セウ・ジョルジ!
リルコ 2010/02/09(Tue)23:01:57 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.111No.110No.109No.108No.107No.106No.105No.104No.103No.102No.101
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/13 リルコ]
[06/12 徘徊中年]
[04/25 リルコ]
[04/22 くたくたにゃん]
[04/11 リルコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R