忍者ブログ
2017.08│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

露地裏骨董。 気になる商品がございましたら、「商品の問い合わせ」欄からご連絡ください。詳細説明、追加写真などをお送りします。                                                  国分寺市本町2-25-15     ℡ 090-1400-7141   12:00〜20:00(日曜13:00〜19:00)

2017年08月24日 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011年09月28日 (Wed)

(ああ、ケータイで英字を打つのはめんどくさい。)

ときどき業者さんや骨董市のお客様から、 「ブログを読んでますよ。」 とお声をかけられる。
「すごいですね。」
「なにがですか?」
「ジャズに詳しくて。」
そこかい! と思う。
ロックやクラシックやJポップとかに詳しい人だってたくさんいるでしょ。
私はたまたま職歴柄、 ジャズだっただけで、 それでももっといい耳と知識を持ってる方は山ほどおられます。
自分は自分の耳しか持ってないので、 これで居直るしかないのです。
まあ、 紹介しているモノがすごいですね、 と言われるほどのモノもたいしてないしな、 と思い、
そういわれるようにがんばろうと一瞬思いましたが、
自分のセレクションじゃ、 たぶんこれからも無理…。

市場でときどきレコードの山が出るのですが、 今まで買ったことはありませんでした。
でも今回はオールジャズだったので、 思わず買っちゃった。
買ったあとゆっくり見ると、 リターン・トゥ・フォーエバーのかもめとか、 チック・コリア・ピアノソロとか、 キースのケルンコンサートとかの有名盤に混じって、 ケニー・ドリューやデューク・ジョーダン、 デクスター・ゴードンなどの SteepleChase 盤の数々も。
この方、 ペデルセン(b) がお好きとお見受けしました。

骨董市で売ろうと思って買ったのですが、 中に一枚、 見たことがないのがあって、 一度聴いてみたいと思って確保してしまいました。
それが写真のやつ。
ジャケットに写ってるのは、 油井正一御大。
ご近所の 「プー横丁の店」 で (私はLPプレイヤーがないのです。 蓄音機はあるけど、 針が減ったままなので。) かけていただきました。

ブルーノートの名盤セレクションですが、 一曲一曲が短くて、 そこに油井氏の解説がかぶさっている。
泣く子も黙るブルーノート1500番台後半と4000番台です。
ロリンズから始まって、 ドン・チェリーで終わっている。

忘れていた懐かしいのが次々に出てきて、 マスターと部分的に盛り上がる。

ああ、 これよかったんだよな、 と思いながら聴いたのが、 ピート・ラ・ロカの 「バスラ」 でした。

ブルーノートは、 私の上の世代にはスィンギーなハードバップジャズで人気を博し、 私の世代でもまた新しいスタイルで人気を博す、 という、 幅のひろーいレーベルだったのですね。

このレコードは非売品だったもので、 おまけにつけたものか懸賞品だったのか、 さっぱりわかりません。
こういうものは、 ブルーノートコレクターの手に渡ってほしいものだと思って、 ほかのレコードとは別にしました。
ちなみに、 VOL.1はありませんでした。
もひとつちなみに、 オリジナルジャケットの 「クール・ストラッティン」 の女性の脚より、膝が曲がっているのが、ちょっと不満です。
  解説付き。 ¥1000


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
なにが アメイジイングなんだ?
気持ち悪い。
俺は足フェチでクール・ストラッティンのジャケットは大好きなんだ!それをでしゃばり、アメイジイングだと?パウエルはどうすんだ
サイテー!
ジャズにハマるきっかけのジャケットだけに、ガッカリ、許せん、センス。
ルディ・バンゲルダーの録音技術はスゲー、まるでライブの全部をグッと掴みとるような職人芸!感謝感激
アウト・トウ・ランチは俺のフエイバリットレコードで・・・昔、油井なんとかのジャズ喫茶サイテーだった とにかく、ブルー・ノートは大好きなのに、残念
パクりやコラージユ(植草甚一、横尾忠則)は大好きただあの立ち方がいかにも、キモイ
あ~やめよう!
五十嵐 2011/09/30(Fri)05:17:06 編集
まあまあ。
ただの商品紹介なんだから、そうけなさないでください。
軍モノは軍モノコレクターの手へ、と願うのと同じです。
これがブルーノートじゃなかったら、油井さんじゃなかったら、私も特別にとりあげなかったと思います。
ブルーノートが東芝EMI傘下になったときに作られたものらしく、(CD化もされたらしい)なんとかコレクターの方の手に納まってほしいという願いをこめてアップしたものです。 
脚ジャケットのパロディへの不満なら、個人メールへくれたらいくらでも聞くからね。
ちなみにVOL.1のほうのジャケット知ったら、もっと怒りそうなので、
言うのやめとこ。
リルコ 2011/09/30(Fri)09:03:38 編集
ごめんなさい。
油井氏の喫茶店は間違いです。失礼しました。しかし、何回見ても許せんジャケットだ!
五十嵐 2011/09/30(Fri)18:41:08 編集
←No.325No.324No.323No.321No.320No.319No.318No.317No.316No.315No.314
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/13 リルコ]
[06/12 徘徊中年]
[04/25 リルコ]
[04/22 くたくたにゃん]
[04/11 リルコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R