忍者ブログ
2017.06│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

露地裏骨董。 気になる商品がございましたら、「商品の問い合わせ」欄からご連絡ください。詳細説明、追加写真などをお送りします。                                                  国分寺市本町2-25-15     ℡ 090-1400-7141   12:00〜20:00(日曜13:00〜19:00)

2017年06月23日 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011年09月29日 (Thu)

プロからアマチュアまで、 空を写すカメラマンは多いと思うけど、 私はあまり面白いと思って見た覚えがないのです。
でも、 アラーキーのだけは、 グッとくる。

撮影の技術よりも、 雲のモティーフなどよりも、
要は、
「何を思って空を見ているか」
につきるのだと思う。


空 ON 空。
(他の展示で観た、 ポラロイドの空に原色アクリルで殴り書きしたシリーズも、 そうとうすごいのです。)

荒木さんのほかは、 黒いY字路をワンルーム分出品されてた横尾忠則さんがよかった。
最初に黒で下塗りして、 その上にぼんやりとY字路と手前に静物が描かれている。
よりやわらかく、 自由になっている。
自分の写真を模写して、 固いタッチで描き始められたY字路シリーズが、 このままでいられるわけはない、 となぜか思っていたところがあるので、 すごく納得してしまいました。
個展で観たいです。

ほかは、 印象うすかったかな。
ずーっといろいろな方の作品を (ネームプレートを見ずに) 観ていって、 おお、これは、 と思ったのが、 マックス・エルンストだったり。
(たまに混ざっているのです、 マグリットとかポール・デルヴォーとか。)
私はビッグネームも新進若手もフラットに観るほうだと思ってるのですが、 そうだったのだから、しかたがないなあ。

ぜんたい、 GEISAIみたいだなと思いました。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
アラーキーは自分でも言ってたが天才! なくなった陽子?さんの写真が大好き
素敵なのだ! 俺の近所の川崎市民ミュージアムに常設コーナーがあり写真を見て感動!
映画はただで見れるし、貧乏人の味方。久しく行ってないから替わったかも? デルボーもああいう女性の目付きが好きなんだろうな、とフェチぶりがいいな!真っ黒な陰毛も、クールな背景と違和感?ん~良いな。 女の人が三人くらい立っていて路面電車?が あの絵が大好き
五十嵐 2011/09/30(Fri)05:51:56 編集
私も、
荒木さんの写真にはまったのは、70年代に見た 「わが愛、陽子」 という一冊の写真集で、いまだに持っています。
80年代の「写真時代」という雑誌で次々と過激な写真を出しつづけ、私は当時勤めていた本屋でいつも見ていましたが、どんなにワイセツといわれても、私にインプットされていた、「アラーキーは純愛の人。」 という信念は揺らぎませんでしたよ。

ちょっと今思ったんですが、評論家油井正一氏と、某ジャズ喫茶経営の某氏とまちがってやしませんか?


リルコ 2011/09/30(Fri)09:26:17 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.326No.325No.324No.323No.321No.320No.319No.318No.317No.316No.315
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/13 リルコ]
[06/12 徘徊中年]
[04/25 リルコ]
[04/22 くたくたにゃん]
[04/11 リルコ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R